大きなものを購入する時って悩みますよね。人間の人生の中で最も大きなお買い物はマイホームではないですか?家を買う時って多くの方が念には念を入れてという精神で何年越しにでも悩むモノです。

悩んで悩んでやっとの思いで決断し購入したマイホームに購入後からも悩まされてしまう家というのがあります。人間の目で判断する事ができるのは、立地や値段というのが限界です。

しかし、家が建つ場所には人間の目には見えない様々なものが付いているんです。それを「霊」というのですがこういった部分は人間の目では判断できませんよね。

しかし、住んでみて色んな事が悪くなってしまったりする事があるんです。それこそローンを払い始める所で急にリストラにあってしまう。

タロット占いの最中

家族がいなくなってしまう

家族とのいざこざが絶えずせっかくのマイホームを家族のために購入したのに家族がいなくなってしまう。こんな事よく聞く話です。電話占いなどには、マイホームを購入する時に相談をしてくる依頼者がいます。

というのは、鑑定をすることができる占い師の中には透視能力に長けている占い師がいます。透視能力を使ってマイホームが立っている土地にマイナスの力を放っているものがいるかいないか?いわくつきの土地ではないか?

この様な事を教えてくれます。是非大きなものを購入する際には鑑定を依頼してみましょう。

「霊視ができる」という電話占い師は信用しても良い?

占い師は霊視をすることができるといいますが、見える範囲はあるのでしょうか。近い未来までなら見えるけれどあまりにも遠い未来は見ることができないという人もいるかもしれませんが、予測して話をしているのでしょうか。

そもそも霊視というのは霊能者の霊感を使い、そして相手の気持ちや将来の展開、日々の生活をしているだけでは知ることができないようなものを見ることをいいます。

これは特殊な力が必要ですから、霊視ができる人でなければ見ることはできませんし見えません。どこまで見えるのかということを多くの人が思うと思いますが、たとえば相談者と波長を合わせることによって、頭の中にある悩みの原因となるものが、占い師の頭の中にイメージとして沸いてくるのです。

水晶玉を両手でつまむ

占い師の頭の中では、相談者と波長を合わせたときにどのようなことが頭の中に見えているのかといえば、まるで映画みたいに、鮮明にいろいろなことを知ることができます。

どんなことでも鑑定してもらうことができるのかというと、基本はどんなことでも鑑定可能なのですが、犯罪や犯人に関してのことは見ることができませんし、同業者による情報収集をするとか勧誘と判断した場合にも断られることもあります。

まあ相談とはかけ離れている内容にあるような場合にも、見てもらえないことがあります。そしてあまりにも先過ぎるような将来も見てもらうことができません。

やはり頭の中に浮かんでくるのは近い将来といってもいいでしょう。今の日常生活に近いようなことのほうが鮮明に頭の中に現れてくるものですので、あまりにも日常とかけ離れていることなどは、先の未来過ぎてみることができません。

どれくらいの範囲が見えるということはそれぞれの占い師によっても違いがあります。

管理人オススメの電話占いサイト
■電話占いサイト ヴェルニ-http://vernis.co.jp/